認定新規就農者制度とは?

認定新規就農者制度は、日本で新たに農業に参入する人々を支援するための制度です。この制度の主目的は、新規就農者に対して計画的な農業経営を促進し、安定した農業経営を実現することにあります。

対象者の条件

農業に新たに挑戦される皆様へ。認定新規就農者制度は、新規で農業に取り組む方々を支援するための制度です。こちらの制度を利用することで、農業経営の立ち上げに必要な資金援助や、技術的なサポートを受けることができます。

この制度の対象となるのは、以下の条件に当てはまる方々です。

  1. 青年: 原則として18歳以上45歳未満の方。
  2. 中高年齢者: 特定の知識や技能を有する65歳未満の方。
  3. 法人: 上記の条件を満たす方が役員の過半数を占める法人。

*農業経営を開始して一定の期間(5年)を経過しない者を含みます。
*認定農業者は含みません。

主な支援措置

  1. 経営開始資金: 就農された直後の所得を確保するために、年間最大150万円が交付されます。
  2. 無利子資金制度: 農業機械や施設の取得に必要な資金を、無利子で貸し付ける制度があります。
  3. 農地利用効率化支援交付金: 農業用機械の導入を支援するための交付金があります。効率的な農地利用を実現するために、この支援を活用することが可能です。
  4. 経営所得安定対策: 米、麦、大豆などの作物を生産される方々の経営安定を支援します。
  5. 農業経営基盤強化準備金: 経営所得安定対策の交付金を利用して、農業経営の規模拡大を目指すための支援があります。こちらを利用するためには、青色申告が必要となります。
  6. 新規就農者税制: 農協などが機械設備や農業用ハウスを取得し、それらを認定新規就農者に利用させる場合、固定資産税を軽減することができます。

これらの支援措置を利用することにより、新規就農を目指す皆様の初期投資の負担が軽減され、スムーズに農業経営をはじめ、安定した経営を目指すことができます。

申請に必要な手順

  1. 計画書の作成: まずは、「青年等就農計画認定申請書」を作成します。この計画書には、農業経営の目標や計画、必要な資金等を明記する必要があります。
  2. 申請書の提出: 作成した計画書をお住まいの市町村に提出します。
  3. 審査と認定: 市町村が申請書を審査し、計画が認定されると、農業経営に必要な支援を受けることができます。

必要な書類

  • 青年等就農計画認定申請書
  • 計画書の添付書類(例: 資金計画、事業計画書)
  • その他市町村から要求される書類

申請に際してのアドバイス

申請には複数の書類が必要ですので、事前に必ずお住まいの市町村や都道府県の普及指導センターにご相談ください。また、書類作成の際には、具体的な事業計画や資金計画を明確にすることが重要です。

当事務所では、このような申請手続きのサポートを行っております。書類の作成から提出まで、一連の流れをご案内し、スムーズな申請をサポートいたします。農業を始めたいとお考えの方、ぜひお気軽にご相談ください。

お気軽にご相談ください