遺言執行者は決めておくべき?

遺言書を作成する際に、遺言執行者を指定する場合が多いです。なぜ遺言執行者が必要なのでしょうか?

遺言執行とは

遺言執行とは、故人が残した遺言の内容を実行に移すための法的手続きのことを指します。この重要なプロセスを担うのが「遺言執行者」です。遺言執行者は、遺言者が生前に遺言によって指定したり、場合によっては家庭裁判所によって選任されます。

遺言執行者の役割は多岐にわたり、遺言の意思を正確に反映させるため、遺言者と遺言執行者との間で事前によく話し合い(遺言書で事前に指定する場合)、遺言書に遺言執行の内容を記載し遺言執行者も遺言書に記載しておくことが重要です。

遺言執行者の指定

遺言執行者の指定は以下のいずれかの方法で行われます。

  • 遺言書による事前の指定。
  • 第三者に指定してもらうような遺言書の作成。
  • 遺言者の死亡後、家庭裁判所による選任。

遺言執行者の権限と義務

遺言執行者は、重要な義務と権限を持ちます。

  • 相続が発生したら遅滞なく相続人に遺言の内容を通知。
  • 相続財産の目録を作成し、相続人に交付。
  • 遺言の実現のため、必要な一切の行為を行う権利と義務。

遺言執行者の手続き

遺言執行者になることが決まったら、以下の手続きが必要です。

  • 就任の承諾、または拒否。
  • 相続人確定のための戸籍収集。
  • 遺言書の写しと財産目録の相続人への送付。
  • 財産の処分や名義変更。

法改正と遺言執行者の責務

2019年の民法改正により、遺言執行者の役割がより明確になりました。しかし、これにより親族が遺言執行者となる場合、その負担が大幅に増加しています。

相続発生後の手続きには期限があるものもあるため、迅速な行動が求められます。

遺言執行者の責務は依然として一般には十分に理解されていない場合が多く、法改正により手順が明確になったものの、専門家でない相続人にとっては負担が増大していると言えます。

遺言書作成はお任せ下さい

次の世代へあなたの物語を紡ぐお手伝いをします。

遺言者の意思を正確に反映させるために、当事務所では行政書士が丁寧に聞き取りを行い、納得いくまで文案の作成をいたします。遺言執行者を指定した公正証書遺言を作成しておくことで、遺言者の意思を正確に実行することが可能になります。

また、相続や遺言に関するお悩みやご質問がある場合は、ぜひ当事務所までご相談ください。専門的な知識と経験を持つ当事務所のスタッフが、遺言書作成から遺言執行のプロセスを丁寧にサポートし、皆様の負担を軽減いたします。